円通寺

【所在地】 小倉北区妙見町1−30

 
円通寺
円通寺(黄檗宗)
 

 初代藩主小笠原忠真は、万治3年(1660)に馬借開善寺近くに円通庵を建て、後に2世広寿山住職となる法雲を23歳で住職にしました。寛文4年(1664)、法雲は即非和尚の弟子となり広寿山を建築する為、現在の本堂の場所に庵を建て円通庵と名付けました。
 延宝3年(1675)、広寿山本堂を移すに当たり、円通庵は藩主忠雄の別荘「望海楼」に移転しました。戦後、廃寺同然だった庵を昭和22年、林文照和尚が円通寺として再建しました。

 
【アクセス】 霧ヶ丘方面行 「足原」下車徒歩7分  「足立」下車徒歩5分
詳細地図