メモリアルクロス

【所在地】 小倉北区小文字二丁目8

 
メモリアルクロス
メモリアルクロス

 小倉の市街地を眼下に望むこの地に建てられた大きな十字架は、朝鮮戦争(1950〜1953)で戦死した国際連合軍将兵の霊を慰めるため、当時の米軍小倉師団の司令官たちによって建設され、日本に譲渡されたものです。高さ20bの鉄骨十字架で朝鮮半島に向いています。
 また、道路を隔てた山の頂上では、毎年、夏の夜を彩る小文字焼が行われます。
 小文字焼は昭和24年に小倉で開催された国民体育大会の記念と盂蘭盆会(うらぼんえ)の迎え火として大会前年の昭和23年から始められたものです。
 
【アクセス】 大谷バス停より徒歩13分
詳細地図