北九州市環境修学旅行のご案内。エコに取り組む北九州市でしかできない修学旅行を提案します!

世界に先駆けた取組みにチャレンジする「環境未来都市」!
 北九州市は、2008(平成20)年7月に、国から第1号の『環境未来都市』に選ばれました。
 厳しい公害克服を乗り越え、様々な環境問題に真正面から立ち向かい、国内だけでなく、海外の環境問題解決にも取組み、高い目標をもって低炭素社会づくりを行っている成果が評価されたものです。

 市域の二酸化炭素の排出量を2050年に、2005年度の時と比較し50%を削減し、海外との環境技術協力などによる削減量150%を含め、合計200%の削減を目指しています。


全国でもトップクラス! 世界が認める『北九州エコタウン』!
 北九州市は、1997(平成9)年7月に、国から第1号の『北九州エコタウン』に選ばれました。
 北九州エコタウンは、環境の「教育・研究・事業」が行うことができ、多くのリサイクル工場があります。全国のエコタウンの中でも、リサイクルの種類や数はトップクラスです。
 また、エコタウン内で“ゼロ・エミッション(あらゆる廃棄物を資源として活用しごみを出さないようにすること)”が完全に達成できていて、実証研究エリアを持っているのも、北九州エコタウンだけです。
 毎年、約8~10万人(うち、海外約4~6千人)の方が見学に訪れています。

北九州エコタウンのHP(外部リンク)
エコタウンセンター(指定管理者:ひびき灘開発(株)のHP)(外部リンク)






規模も種類も日本最大級の『次世代エネルギーパーク』!
 北九州市は、2007(平成19)年10月に、国から第1号の『次世代エネルギーパーク』に選ばれました。
 北九州市の企業の間のエネルギーのやり取りや、新しい技術の開発など、いろんな部分で進んでいるものが多く、エネルギーの数や幅広さでは、日本最大級の展示ネットワークが整っています。

北九州次世代エネルギーパークのHP(外部リンク)






『日本の環境首都コンテスト』で、2年連続1位を獲得!
 北九州市は、「日本の環境首都コンテスト」で、2006年、2007年に、2年連続で、総合1位を獲得しました。
 北九州市のごみの減量化や地球温暖化防止、エネルギーの取組み、自然環境の保全など環境に対する取組みが高く評価されたものです。








アジアで初!の「グリーン成長モデル都市」に選定!
 北九州市は、2011年7月に「経済協力開発機構(OECD)」から、経済の発展と環境の取組みを共に実現させた都市として、「グリーン成長モデル都市」に選ばれました。
 世界で選ばれているのは、パリ・シカゴ・ストックホルムと北九州市の4都市のみです。